Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://keepersfukuoka.blog95.fc2.com/tb.php/89-dfbb1550
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

低年齢化する孤独死

こんにちは、マッチョなこぶ平です。
今年は例年に比べて夏が短く冷夏とか短い夏といわれていますが、私にとっては暑い日が続いています。毎回の現場作業では頭から水をかぶったかのようになっています。

そんな夏の暑い日に電話がなりました。
知り合いの不動産管理会社の担当の方からで、管理しているアパートで孤独死されている方が見つかったので遺品整理をお願いしたいとのことでした。
早急にということでしたのですぐに作業道具をトラックに積み込み出発です。

今回の作業は亡くなった方のお母様がいらっしゃるのですが、遠方にお住まいのため、現場の立会はありません。ですので途中不動産管理会社に寄ってアパートの鍵を預かり現場に向かいました。
現場は閑静住宅地の中にあるアパートでした。駐車場にトラックを止めて階段を登り、2階の一室の鍵をあけドアを開きます。
このドアを最初に開ける時はどこの現場でも緊張します。

1Kの室内はほとんど荷物もなく、生活している気配もないように感じられました。
1人での作業のため、ダンボールをつくり遺品整理作業開始です。
荷物を整理しながら、貴重品をさがしていきます。
作業をしていると亡くなった方の年齢を記したものがでてきました。

「40歳・・・」思わず私はつぶやいていました。

この方はこのアパートに2週間くらい前に引っ越してきて、ここで生活する荷物も揃わない状況で、孤独死されたようです。
亡くなっていた布団の横には携帯電話もあったのですが、急に体の具合が悪くなったのかそのまま誰にも電話をすることなく、さらに1ヶ月も発見されずにいたのでした。

最近40代の方の孤独死の現場に立ち会うことが増えてきました。

同じ40代として考えさせられる今日この頃です。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://keepersfukuoka.blog95.fc2.com/tb.php/89-dfbb1550
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

遺品整理のキーパーズ福岡

Author:遺品整理のキーパーズ福岡
『天国へのお引越しのお手伝い』
キーパーズ福岡スタッフブログへようこそ!
遺品整理の現場から伝えたいことやスタッフの日常などを綴っていきます!どうぞごゆっくりご覧下さい。

ご訪問者様

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。