Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://keepersfukuoka.blog95.fc2.com/tb.php/130-9f235028
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

こんにちは
秋真っ盛りの福岡支店より、
キーパーズエンジェルがお届けしています

いやいやいや~ホークス・・・負けてしまいました・゚・(ノД`;)・゚・
街中でホークスの応援歌が流れていて、
タクシーの運転手さんまでが‘勝どきレッド’のユニフォーム着て
みーんな応援してたのに~
別に野球ファンというわけではないですが、
やっぱり地元の球団には勝ってほしかったですorz
それにしても、リーグ優勝して一勝のアドバンテージがあるのに
3位のチームに負けちゃうなんて・・・
勝負事って非情なものですね

先日、ふとした会話の中で知人が
「親が亡くなって十数年経つけど、それを境に一年一年、十年単位の重みが変わってきた。」
としみじみ言っていました。
「どこかで読んだ事だけど、親っていうのは自分と死との間にあった衝立だって。
それが亡くなってしまうと、急に死への距離が近く感じるって・・・なんか納得した。」と。
ん~なるほど。
私の年齢ではまだ、その言葉の深さを理解するのは難しいでしょうが
確かに、親や家族とは衝立のようです。
あらゆるものから自分を遮ってくれているんですよね。
実際に衝立が消えて、見たくないものを見たり、強い風に吹かれるような事に
ならなければ、きっとその存在を実感し辛いものなのかもしれませんが。

先の知人の言葉の続き
「亡くなってすぐは何ともなかったんだけど・・・
時が過ぎる毎に、‘あの時ああしていれば良かった’っていう後悔が増えていく。」
「どうせ何やってたって後悔はするものだけど、少ないほうがいいよね。」
って言っていたのが、とても印象的でした。

説教クサイことは言うのも言われるのも苦手ですけど、
後悔は少ないにこしたことはないので、
自分も含めてですが、思いついたときに親孝行
そして世の旦那様方はしっかり嫁孝行をされてはいかがですか??
(おかずが一品増えるカモ・・・

会社員の私としては、
それに社長孝行もプラスしたいところですね何が増えるかな~

はい、くだらない話しでごめんなさい(´Д`A;)
今回はこんな感じで・・・失礼します

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://keepersfukuoka.blog95.fc2.com/tb.php/130-9f235028
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

遺品整理のキーパーズ福岡

Author:遺品整理のキーパーズ福岡
『天国へのお引越しのお手伝い』
キーパーズ福岡スタッフブログへようこそ!
遺品整理の現場から伝えたいことやスタッフの日常などを綴っていきます!どうぞごゆっくりご覧下さい。

ご訪問者様

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。