Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000年前の楽園

こんにちは
毎度おなじみ、キーパーズエンジェルです
数日前の福岡は、2月とは思えない程の暖かさでした。
三寒四温改め、三寒四暑ですね

先日、福岡市博物館で開催中の『ポンペイ展』に行って参りました。
ポンペイ・・・紀元1世紀まで イタリア/ナポリ近郊にあった都市で
西暦79年のヴェスヴィオ火山噴火によって一昼夜にして
地中に埋もれてしまったという世界遺産の遺跡です。
18世紀頃から始まった発掘作業で、古代ローマ人の豊かな暮らしぶりが
少しずつ明らかになってきました

今回の展覧会には
装飾品 銀食器 金庫 燭台 鮮やかな壁画 彫像などが展示されていました。
その中でも一際 人だかりが出来ていたのが
大理石のお風呂です。
郊外の個人邸宅から出土したようなのですが、
ただのお風呂じゃないんです
なんと給湯システム搭載でしかも追い炊き機能付き
想像できますか??
西暦79年というと、日本では弥生時代の後期くらいでしょうか・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

またポンペイの富裕層では、夜な夜な贅を尽くした宴が繰り広げられていたようです
高価で細工の細かい銀食器にたくさんの御馳走が並べられ
臥台に寝そべりながら饗宴を楽しんでいたとか・・・
華やかな調度品に、剣闘士による娯楽
そこはまさに楽園で、この楽園が永遠に続くものだと信じて疑わなかった事でしょう
火山灰に埋もれた犠牲者を模った石膏像の苦しさが、とても対照的に見えて
不思議な感じがしました
突然襲った悲劇が、皮肉にも タイムカプセルのように
古代ローマ帝国の繁栄を、現代に伝えることになったのですね

歴史が苦手な私でも、素直に楽しめる展示品の数々ですので
御興味のある方は、足を運ばれてみてはいかがでしょうか
f0153479_16403446.jpg
3月7日まで開催中です。・∀・)ノ゛

それでは~(*^~^*)ゝ
スポンサーサイト

ある休日の出来事

ある休日の朝のこと
目覚めた瞬間、強烈な退屈さに襲われました。
せっかくの休みなのに、このままゴロゴロしてたら勿体無いなぁ と思った私は
『そうだ 長崎、行こう
と、何処かの観光キャンペーンさながらのキャッチコピーにて跳び起き
思いついたままにバタバタと、長崎行き高速バスに駆け込んだのでした

同じ九州で近いとはいえ、プライベートで長崎市に行く事は
滅多になく、バスの中で約2時間、
「こことここと、ここに行って、このルートで、ここでお昼食べて・・・」
なんだかワクワクしながら計画を練り練り・・・
あっという間に到着です

過ごしやすいお天気の中で
ますは平和公園、浦上天主堂、原爆資料館。
平日にも関わらず、国内外からたくさんの観光客が訪れていました

そして、私の中ではこの日のメインイベントの1つ
本場の“長崎トルコライス
2010020318460000.jpg
一度、食べてみたいと思っていました。
一つのお皿に、ナポリタンとトンカツとピラフにサラダ
すごいビジュアルです・・・
「どうせ一つ一つは大味で、ただたくさん盛ってるだけでしょ
なんて、たかをくくっていましたが
ところが!!ごめんなさい、お店の人 長崎の人
パスタはアルデンテ~
トンカツは熱々でサックサク
ピラフもおいし~
きれいに完食させていただきました

その後も、若干重たくなった胃袋を抱えて
眼鏡橋や大浦天主堂、グラバー園などを散策して帰ったのですが、
全て、小学校の修学旅行で一度行った事がある場所なのに、
大人になって改めて訪れてみると、どれも新鮮に感じました。
原爆資料館や平和公園などは、私の乏しい語彙力では表現できないような
感情が込み上げてきて、ただただ、とても胸が痛んで
戦争や核を無くす為に、自分に何が出来るだろうか、とか
そんな、たいそれた事は考えられないまでも、
あの日ここで起こった事実を、しっかりと認識しなければいけないと思いました。

たまにはこうして、日本や世界がたどってきた歴史の一部を
振り返ってみるのも、いいですね。

ちなみに、キーパーズ福岡支店では
広島県から鹿児島県までのお客様に対応させて頂いています。
もちろん、長崎県へもお邪魔いたしますので、
何かお困りの際には、お気軽に御相談くださいませ(*゚▽゚*)

という事で、また次回お会いしましょう
キーパーズエンジェルでございました~

世間は狭いですね。

こんばんは。マッチョなこぶ平です。

よく「世間は狭いね」という言葉を耳にしますが、先日鹿児島の現場でそのようなことがありました。

鹿児島の現場の依頼主は関東にお住まいの息子様でした。

作業当日、ご依頼主と一緒に故人の弟様もお見えになっていて福岡から来られたとのことでした。

「私も福岡からきたのですが、弟様は福岡のどちらからですか」とお聞きすると

「朝倉市なんですよ」

「えっ、私の実家は朝倉市なんですが、朝倉のどちらですか」

「○○ですよ」

そこは私の実家のすぐ近くでした。

しかも、私の祖父をよく知っていて、祖父がよく遊びに来ていたとのこと。

「世間は狭いですね」


Appendix

プロフィール

遺品整理のキーパーズ福岡

Author:遺品整理のキーパーズ福岡
『天国へのお引越しのお手伝い』
キーパーズ福岡スタッフブログへようこそ!
遺品整理の現場から伝えたいことやスタッフの日常などを綴っていきます!どうぞごゆっくりご覧下さい。

ご訪問者様

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。